2021年 6月 25日 (金)

藤田ニコルが乗り越えてきた「壮絶な過去」 いじめ・離婚・ファンの死...赤裸々告白に反響

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   モデルでタレントの藤田ニコルさんが、2021年6月7日に放送された「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演。両親の離婚や学校でのいじめ経験などの過去を告白したことに、大きな注目が集まっている。

  • 藤田ニコルさん(2019年撮影)
    藤田ニコルさん(2019年撮影)
  • 藤田さんと母親のツーショット(藤田さんのインスタグラム@2525nicole2、2019年10月の投稿より)
    藤田さんと母親のツーショット(藤田さんのインスタグラム@2525nicole2、2019年10月の投稿より)
  • 藤田ニコルさん(2019年撮影)
  • 藤田さんと母親のツーショット(藤田さんのインスタグラム@2525nicole2、2019年10月の投稿より)

「わたしがサンドバッグになればいいと思った」母の告白

   藤田さんは2009年、11歳でティーンファッション誌「nicola」のモデルオーディションに合格しデビュー。その後も数々の雑誌を渡り歩く傍ら、2015年頃からテレビでの活動も開始。今やバラエティー番組に欠かせないタレントとなり、自身が立ち上げたファッションブランドも順調のようだ。

   そんな藤田さんの両親は、ロシア人とポーランド人のハーフの父と、日本人の母。社長業を営んでいた父のおかげで、家にはお手伝いさんが複数人いるほどのお金持ちだったが、2歳のときに父の事業が失敗し、両親が離婚した。

   その後母は、昼はパチンコ店、夜はスナックで働き、女手一つで藤田さんを育てる。藤田さんは多忙な母の助けになりたいとの気持ちから、ティーンモデルになることを決意。2回目の挑戦で見事合格するも、待っていたのは思うように撮影に呼ばれない日々と、陰口を言われたり、嫌がらせにあったりする学校生活だった。

   そんななか、お金がないゆえ100均コスメでメイク研究をしていたことが、nicola編集部に注目され、これがきっかけで同世代から圧倒的な支持を得るように。しかし、タレント活動も始めた藤田さんは身も心も疲れ果て、母に八つ当たりすることもしょっちゅう。

   母は当時を振り返り、「わたしがサンドバッグになればいいと思った」と娘を受け止める覚悟を決めていたと明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中