2021年 6月 14日 (月)

「まさか新聞で嘘予告するとは...」 「進撃の巨人」ファンが歓喜した、最終巻発売日の「粋な広告」とは

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   諫山創さんの大人気漫画「進撃の巨人」(講談社)の最終巻が2021年6月9日に発売された。

   これを記念して、9日の朝日新聞朝刊に掲載された広告が、ファンの注目を集めている。講談社の発表によれば、その内容は「『進撃の巨人』最終34巻の内容を告知する1ページ漫画」というのだが...。

  • 主人公・エレン(コラボイベント「進撃の巨人 × 横浜ランドマークタワー」で撮影)
    主人公・エレン(コラボイベント「進撃の巨人 × 横浜ランドマークタワー」で撮影)
  • 朝日新聞朝刊に掲載された広告
    朝日新聞朝刊に掲載された広告
  • 「進撃の巨人」最終34巻
    「進撃の巨人」最終34巻
  • 主人公・エレン(コラボイベント「進撃の巨人 × 横浜ランドマークタワー」で撮影)
  • 朝日新聞朝刊に掲載された広告
  • 「進撃の巨人」最終34巻

「やっぱ、『進撃の巨人』には予告漫画がないとね」

   朝刊には、「一瞬日本に転生した上で死んで異世界転生したオレは過小評価されるけどちょっと巨人化してみたら一斉に手のひら返しでみんなからチヤホヤされた件」という漫画が掲載された。

   主人公・エレンが、巨人のいる世界から日本社会に転生するもトラックにはねられ、RPGで描かれるような異世界に転生するという内容で、まるでライトノベルの「異世界転生」ジャンルのような超展開である。

   同作が掲載されていた別冊少年マガジン公式ツイッターアカウントは「やっぱ、『進撃の巨人』には予告漫画がないとね」と、意味ありげに宣伝している。

   これを受けてツイッター上では、単行本を読んでないと思われるユーザーからこんな声が上がった。

「進撃の巨人完結したなら読もうかな??!途中までしか読んでないけど異世界転生ものになったの???(情弱)」
「朝刊に進撃の巨人の広告が出てたが最初の方しか読んでないのでマジなのか何なのかわからん」

   講談社はこの広告について「『進撃の巨人』の単行本を読んだことがある読者の皆様には"ピンッ"とくる演出で、単行本の巻末で諫山先生が続けてきた予告漫画の集大成とも言える内容」だと発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中