2021年 7月 27日 (火)

「解散後初めて2人でやりました」光GENJIまさかの本人登場 変わらぬスケート姿にファン「泣けたー!」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年6月9日に放送された「有吉の壁 2時間スペシャル」(日本テレビ系)に、伝説的ジャニーズアイドルグループ「光GENJI」の内海光司さんと佐藤アツヒロさんが出演し、解散後初の共演と、現役当時とそん色ないローラースケートさばきに視聴者を大興奮させた。

  • ジャニーズ事務所
    ジャニーズ事務所
  • ジャニーズ事務所

往年のスタイルで爽やかなパフォーマンスを披露

   2人が出演したのは、「アーティストになりきれ! ご本人登場選手権」というコーナー。これは、モノマネ番組でよくある「ご本人登場」の演出になぞらえて、芸人たちがモノマネを披露後に「ご本人」が登場するが、出てくるのは実際に本人の場合もあれば、また別のタレントなどの場合もある。そのステージの面白さを番組MC・有吉弘行さんが○×で判定していくという企画だ。

   椿鬼奴さん率いる韓国アイドルグループ「BLACKPINK」のモノマネではお笑いコンビ「ピンクの電話」の2人が登場するなど、大盛り上がりを見せた。そんな中、「ジャングルポケット」3人と「四千頭身」後藤拓実さん、石橋遼大さんの5人。「光GENJI」の名曲「ガラスの十代」を披露。真っ青なシャツとズボンに、ハチマキを巻いたカールヘアー、ローラーシューズという光GENJIを象徴するスタイルで必死に歌うシュールな様子に、有吉さんも爆笑する。

   すると、「ご本人登場」でまさかの内海さんと佐藤さん本人が登場。内海さんはGジャンのベストにバンダナ、佐藤さんは真っ青なスーツという現役当時と変わらぬ姿、そして年齢を感じさせない爽やかな歌声とルックス、ローラースケートで軽やかにターンを決める姿に、共演者たちからは感嘆する声があがる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中