2021年 8月 2日 (月)

古田敦也が「メガネになって」高校生捕手を鍛える 衝撃設定なぜ生まれた?漫画作者明かす制作秘話

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球・ヤクルトスワローズの黄金期を築いた名捕手・古田敦也さんが、トレードマークである「メガネ」に転生し、平凡な高校生キャッチャーを鍛えるという筋書きのウェブマンガ「古田敦也がメガネに転生した件」がじわじわ話題となってきた。

   古田さんをメガネに転生させるという発想の面白さもさることながら、緻密な野球考証も読み応えがある。読者からは「よく古田さんがオッケーを出したな」とも言われた本作のきっかけなどを、原案の楠風夏さん、作画の堂仙こいるさんに聞いた。

  • 古田さんをメガネにしてしまった
    古田さんをメガネにしてしまった
  • 唐突にライトノベルのような展開で始まる
    唐突にライトノベルのような展開で始まる
  • 古田さんをメガネにしてしまった
  • 唐突にライトノベルのような展開で始まる

きっかけは「メガネデー」?

   5月に配信された「古田敦也がメガネに転生した件」は電子書籍配信サイト「めちゃコミック」上のレーベル「コミックBEAN」で連載された全4話のマンガである。作品冒頭で、いきなり古田さんは、ある高校生キャッチャーを一人前の捕手にするという使命を与えられ、野球の神様によってメガネに転生させられてしまう。

   平凡な高校生キャッチャーの井手久人のメガネに宿った古田さんは、彼の隠れたセンスに注目し、リードに盗塁阻止と捕手としてのスキルを伝授していくというあらすじだが、その野球描写が精密だ。素早く走者を刺すためのクイックスローの秘訣、打者の心理を読んだリード術など、いかにも古田さんが考えていそうなセオリーで井手がプロ顔負けの名捕手に鍛えられていく。

   この奇想天外なストーリー発案のきっかけについて、楠さんは取材にこう話す。

「元々私の知人が古田さんと懇意にされており、古田さんのマンガをいつか制作したいと思っていました。当初は、ノンフィクションなら『古田さんが選ぶベストナイン』、フィクションであれば『古田さんが高校野球部の監督だったら?』といったシンプルな案を検討していました。
企画案を練っている最中に、古田さんが監督をされていた際、メガネをかけて入場するとサービスが受けられる『メガネデー』といった企画をやられていたことを思い出し、『古田さん=メガネ』」...うん、もう転生させちゃえ!となりました」

   そして古田さんのマネジメント会社からも快く了解をもらい企画がスタートした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中