2021年 7月 27日 (火)

激辛駄菓子「わさびのり太郎」100枚食べたら人はどうなる? 人気YouTuberが検証した結果は...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   人気6人組YouTuberグループ「Fischer's-フィッシャーズ-」が、ツーンと辛いことで知られる駄菓子「わさびのり太郎」の大食いにチャレンジした。

   メンバーのシルクさんが、1人で100枚の「わさびのり太郎」の完食を目指したが...。

  • フィッシャーズのYouTubeより
    フィッシャーズのYouTubeより
  • フィッシャーズのYouTubeより

「希望が見えん」

   2021年6月14日に投稿された動画は、「【大食い】わさびのり太郎100枚なら辛くても余裕で完食できるでしょwww」というタイトルだ。

   「わさびのり太郎」とは、うまい棒で有名なやおきん(東京・墨田区)が企画・販売している、魚肉のすり身がベースとなった駄菓子で、ツーンとしたわさび醤油味が特徴だ。

   大食いは苦手というシルクさんだが、わさびのり太郎は1つ12円(メーカー小売価格)、あまり量のない駄菓子。そのため企画は順調に進むかと思いきや、シルクさんは4枚目にしてアゴと鼻が「めっちゃきつい」とこぼす。

   大食いにチャレンジしたシルクさんいわく、わさびのり太郎には辛さのあたり・はずれがあるという。5枚目でシルクさんが「ガチなわさび農家の人が作っている」のではないかと形容するほどに辛い「大当たり」を引いてしまったそうで、激しく悶えていた。

   およそ50分かけて30枚を食べたところで「希望が見えん」と言って、メンバーのザカオさんに助けを求め、その後さらにモトキさんとマサイさんというメンバーも協力に駆け付けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中