2021年 7月 31日 (土)

清原和博が激怒した球界OBの無礼言動 「せめてプロ野球界だけはしっかりと...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   元プロ野球選手の清原和博さんが2021年6月16日、うつ病に苦しむ現状をYouTubeで赤裸々に告白した。

   動画の中では、清原さんが「一番腹立たしかった」ことだとして、うつ病に関する一部の球界OBの言動に苦言を呈す場面もあった。

  • 清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
    清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)
  • 清原和博さん(写真:Motoo Naka/アフロ)

「簡単に心の風邪とか言い切ってしまう人もいますけど...」

   アップされたのは、「うつ病に悩む全ての人たちへ60分の激白【前編】」と題した動画。清原さんは冒頭、「簡単に心の風邪とか言い切ってしまう人もいますけど、そんな簡単なものではなくて」と切り出した。

「僕もこの4週間で3回通院してるんですけど、ちょっとうつの状態が悪くなっていまして...」

そう語った清原さんは、「つい最近、大坂なおみ選手がうつ病ということで......」と、プロテニスプレーヤーの大坂選手がツイッターでうつの症状を明かしたことに触れた。

   世界で活躍する大坂選手の告白について、清原さんは、

「自分との闘いに勝てる人がうつ病に侵されてしまったという......それほどうつ病というものは恐ろしい病気で。僕は彼女が発表してくれたことによってなぜか僕、救われたんですよ」

と語った。

   また、自身も現役時代に対戦経験がある元中日ドラゴンズの門倉健氏が2021年5月に失踪し、無事自宅に戻ったもののうつ病であると診断された件にも触れ、

「一番腹立たしかったのは、ネットニュースか何かで球界OBが、門倉投手に対してすごいその心ないコメントを出した人がいるんですよ。せめてプロ野球界だけは、人を批判するときはしっかりと自分の名前を名乗って出て欲しい」

と匿名で心ない言葉を投げかけるようなことは避けて欲しいと憤りを露わにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中