2021年 8月 4日 (水)

「こんなドラマになると思わなかった」「今期一番好き」 レンアイ漫画家、評価うなぎ上りで大団円

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優・鈴木亮平さんが主演を務めるドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の最終回が2021年6月17日に放送され、恋愛ドラマらしい爽やかなハッピーエンドに反響があがっている(以下ネタバレを含みます)。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組公式サイトより

別れから1年。コミュ障漫画家が、パリピデイトレーダーに転身

   同作は、漫画一筋で恋愛下手な天才漫画家・刈部清一郎(鈴木さん)と、彼氏ナシ仕事ナシのアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆さん)が織りなすラブコメディー。

   前回の放送で、刈部が漫画を描き続けるために、あえて距離を置くことにしたあいこ。あれから1年、刈部はすっかり漫画を描かなくなって連載を休止した上、別人のような放蕩生活を送っている。一方、あいこはフリーの漫画編集者として、刈部のライバルで友人の漫画家・金條可憐(木南晴夏さん)を担当。あるとき、ネタのために合コンの様子を取材することになる。

   するとそこで、複数の女性を連れた刈部に遭遇。会う前は「もうとっくに終わった恋。始まってすらいなかったのかも」と刈部を忘れようとしていたあいこだが、すっかり変わってしまった刈部を目の当たりにし、「漫画を描かない刈部さんなんて、中身が空っぽの着ぐるみみたい」「さっさと目を覚まして人間に戻ってください」と叱咤する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中