2022年 8月 9日 (火)

「こんな時代がくるなんて」9秒台4人、五輪代表は3枠 陸上男子100m決勝かつてないハイレベルに

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今夏に開催される東京五輪の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第2日が2021年6月25日に大阪市のヤンマースタジアム長居で行われる。

   第2日は男子100メートル決勝が行われ、大きな注目を集めている。3枚の五輪切符を巡り決勝では8選手がしのぎを削る。決勝進出者のうち4人が9秒台の自己記録を持っており、史上最高レベルの争いとなる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ケンブリッジ飛鳥はまさかの準決勝敗退

   決勝のスタートラインに立つのは次の8選手となる。

   日本記録保持者の山縣亮太(29)=セイコー=、桐生祥秀(25)=日本生命=、サニブラウン・アブデル・ハキーム(22)=タンブルウィードTC=、小池祐貴(26)=住友電工=、多田修平(25)=住友電工=、東田旺洋(25)=栃木スポ協=、デーデー・ブルーノ(21)=東海大=、柳田大輝(17)=東農大二高=らが顔を揃えた。

   前日24日の準決勝では、リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルメンバーのケンブリッジ飛鳥(28)=ナイキ=がまさかの敗退。大会初日でいきなり波乱が起こった。

   準決勝の各組トップをみると、第1組は山縣が10秒16をマークして1位でゴール。第2組は多田が10秒17、第3組は桐生が10秒28をマークし、それぞれトップで決勝進出を決めた。前日本記録保持者のサニブラウンは第1組で10秒30の3位だったが、タイムで拾われ決勝に進んだ。

   決勝8選手のうち、実に4人が9秒台の自己記録を持つ。山縣は日本記録の9秒95、前記録保持者サニブラウンは9秒97。日本人として初めて10秒の壁を破った桐生は9秒98、そして小池も同じく9秒98の自己記録を持っている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中