2021年 7月 28日 (水)

味付きだから「味ロール」! ネーミングが直球すぎるパンが話題に→商品名の由来は?販売元に聞くと...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   リョーユーパン(福岡県大野城市)から販売されている「味ロール」のネーミングがネット上で反響を呼んでいる。

   「味ロール」は、その名の通り味付きのロールパン。あまりにシンプルなネーミングが、逆にインパクトを与えたようで、ツイッターには「味があっていい」「対立候補だった案を見てみたい」といった声が寄せられている。

  • リョーユーパン「味ロール」
    リョーユーパン「味ロール」
  • リョーユーパン「味ロール」

「味ロールに決まった会議凄かっただろうな」

   リョーユーパンが2008年5月に発売した「味ロール」は、1袋6個入りのロールパン。商品についてパッケージには、「そのまま食べても、ホットドッグにしてもおいしい、ほんのり甘口のロールパンです」と記載されている。

   今回は、その商品名がネット上で注目を浴びている。きっかけはあるツイッターユーザーが2021年6月26日に投稿した、

「これの名前が味ロールに決まった会議凄かっただろうな」

とのツイート。

   「味ロール」というシンプルな商品名に決定するまでに、熱い「会議」があったのではないか――そんな妄想を膨らませたツイートは、1万以上のいいねが寄せられるなど、大きな反響を呼んだ。

   この投稿にツイッターでは、

「食パンに迫るセンスですよね」
「味があっていいよね」
「対立候補だった案を見てみたい。味コッペとか、味パンとか?」

のように、商品のネーミングセンスを評価する声が集まっている。

   そこで、命名の経緯について探るべく、J-CASTニュースは2021年6月30日、リョーユーパンを取材をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中