2021年 8月 4日 (水)

東京五輪中の深夜運転に「矛盾」指摘 舛添氏、小池都知事「8時に帰ろう」と「真逆ではないのか」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今夏に開催される東京五輪期間中の鉄道深夜運転に「矛盾」を指摘する声が上がっている。

   JR東日本は2021年6月30日、東京五輪の期間中に山手線や中央線快速など首都圏の21路線で臨時列車を運転することを発表した。臨時列車の運行は大会開会式の7月23日から8月8日の閉会式までを原則とし、通常の終電を1時間から2時間程度延長する。

  • 舛添要一氏(2014年撮影)
    舛添要一氏(2014年撮影)
  • 舛添要一氏(2014年撮影)

舛添氏「深夜運行は不要だ」

    大会期間中の深夜運転の決定を受け、前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が6月30日にツイッターで持論を展開した。

    舛添氏は「夜間開催の五輪競技に対応するため、JRなどは鉄道を深夜、午前2時台まで運行するという。しかし、蔓延防止等重点措置どころか、緊急事態宣言再発令にもなりかねない状態で、都民には『8時に帰れ』という小池都知事の要請と真逆ではないのか」と指摘し、「無観客、観戦は自宅のテレビでとなれば、深夜運行は不要だ」と主張した。

    また、7月1日午後には放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏がツイッターを更新し、深夜運転における「矛盾」を指摘。

   「すみません、日本語が不自由なもので。夜8時以降の飲食店の営業はダメで終電も早められたのに、五輪期間中は鉄道が深夜運転。どの地平からだと、こんなはちゃめちゃな矛盾がOKになるんでしょう」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中