2021年 8月 2日 (月)

阪神「サイン盗み疑惑」解説者からも苦言続々 「絶対ダメ」「高津監督はブチ切れてもいい」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・阪神の「サイン盗み疑惑」が波紋を広げている。

   阪神は2021年7月6日、神宮球場でヤクルトと対戦し5-1で勝利した。3位ヤクルトに快勝して首位を死守した阪神だったが、5回攻撃の場面で二走・近本光司(26)がとった「行為」が伝達動作だと疑われ、両軍監督が一触即発の騒動に発展した。

  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)

捕手の要求はインコース高め

   問題のシーンは5回に起こった。阪神が4点リードで迎えた5回2死1、2塁の場面。マウンドはヤクルト田口麗斗投手(25)、2塁走者には近本、打席には佐藤輝明(22)が入っていた。

   田口が佐藤に初球を投じる直前、2塁走者の近本はリードを取りながら左腕を真横に伸ばした。いったん伸ばした左腕を下げて左手を膝に置いたが、その後左腕を2度、2塁ベース方向に動かした。捕手の古賀優大(22)はインハイにミットを構えていたことから、伝達動作にもみえる近本の行為に疑いの目が向けられた。

   この行為に対して3塁手・村上宗隆(21)が左手にはめたグラブを近本に向けて審判にアピール。すると阪神ベンチから村上に向けて怒声が飛んだ。審判が一度試合を止めると、矢野燿大監督(52)から出て行き、高津臣吾監督(52)もベンチから出て行き、バックネット前で審判団を交えて協議。両監督ともヒートアップし激しくやりあった。

   6日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』はこの場面を取り上げ、番組に出演した野球解説者らがそれぞれ自身の見解を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中