2021年 7月 28日 (水)

楽天「538勝ローテ」は期待外れか もはや衰え隠せず?4本柱で「貯金ゼロ」の悲しい現実

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   首位・オリックスに1.5ゲーム差の好位置につけている。だが、その戦いぶりは安定していると言い難い。6月上旬から6連勝、7連敗の後に4連勝、引き分けを挟んで再び5連敗と出入りが激しい戦いが続いた。

  • 田中将大(写真:AP/アフロ)
    田中将大(写真:AP/アフロ)
  • 田中将大(写真:AP/アフロ)

「絶対的エースがいないのが実情」

   スポーツ紙デスクはこう分析する。

「楽天は戦前の下馬評が高かった。田中将大が8年ぶりに復帰し、先発陣は涌井秀章、岸孝之、則本昂大と豪華なメンバーで、ソフトバンクの対抗馬に挙げられていました。ただ、岸は36歳、涌井は35歳、田中は32歳、則本は30歳と決して若くない。全盛期の力と比べると各投手とも少し力が落ちる。ゲームメーク能力は高いですが、相手をねじ伏せる絶対的エースがいないのが実情です」

   実績だけを見れば12球団で断トツだ。昨年までに挙げた白星を見ると、田中が日米通算177勝、涌井がNPB史上初の3球団で最多勝を達成するなど通算144勝、岸が通算132勝、則本昂が通算85勝。4人合わせて計538勝をマークしている。

   ただ、実績だけで白星が計算できるほど甘くない。今季の成績は田中が4勝5敗で防御率2.86、涌井が6勝6敗で防御率4.69、岸が4勝6敗で防御率3.65、則本が7勝4敗で防御率3.45。田中は打線の援護に恵まれていない点も配慮しなければいけないが、4投手全員が飛び抜けて良い数字ではない。4投手の勝敗をあわせると21勝21敗で、貯金が作れていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中