2022年 10月 2日 (日)

小島瑠璃子の破局発言に見る「不自然さ」とは テレビ出演時の「本心」を心理学者が分析

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「自分の気持ちに『かもしれないです』と言うのは不自然」

   鈴木氏は、小島さんが現在の心境について「今、ホント、スッキリしてるかもしれないです」と、断定調ではない説明の仕方をしている点が気になるとした。

「番組中、小島さんはトークに参加している残り2人に『スッキリしてる』と指摘された後で『スッキリしてるかもしれないです』と言っています。促される形になってはいますが、それでも、自分の気持ちに『かもしれないです』と言うのは主体性という観点からするとやはり不自然。それでもこの言い方を選んだところからして、やはり、『何らかのバツの悪さ』を感じており、それを隠そうとする意図が見え隠れします」

   ただ、小島さんはトーク中は実ににこやかな表情であり、別段、バツの悪さを感じているようには見えなかった。しかし、その表情は小島さんの本心を表わしていないと鈴木氏は推測した。

「微笑んでいるのは、『別れても余裕がある姿』を見せたいのです。また、『前の彼とお別れしたばっかりで、久しぶりにフリーなんで。よし! じゃあ、また新しいイイ出会い探そう! って』という発言からは、前向きな態度を前面に押し出すことで、『失恋しても芸能人としての自分はダメージを負っていない』とアピールしたいのではないでしょうか」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中