2021年 7月 28日 (水)

ついに大政奉還も...3週放送なし 「青天を衝け」東京オリパラ編成に視聴者苦悶「なんて生殺し」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」が2021年7月18日の第23話放送をもって、東京五輪・パラリンピックのため約1か月間放送を休止する。休止前の「胸アツ」展開をめぐって、視聴者からは早くも次回の放送を待ちわびる声が続出している。

  • 吉沢亮さん
    吉沢亮さん
  • 吉沢亮さん

慶喜が大政奉還

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第23話「篤太夫と最後の将軍」では、 第15代将軍・徳川慶喜(草彅剛さん)が大政奉還を決断。政権を天皇へ返上することで、徳川家康から約200年以上続いた政治体制が幕を閉じることを意味する。

   一方、慶喜の弟・昭武(板垣李光人さん)のパリ万博出席、および約5年にわたる留学生活の補佐として、栄一はフランス・パリへ同行中。「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるように、フランス人から髷を落とすことをすすめられ、さっぱりした短髪にジャケットといった洋装をするようになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中