2021年 7月 26日 (月)

五輪批判のテレビ局にブーメラン スポンサーにCM自粛の動き...打撃必至の展開に「自業自得」の声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京五輪関連のテレビCMについて、トヨタ自動車がその放送を見合わせることを明らかにし、波紋が広がっている。

   CMを流すか検討中というスポンサーもおり、今後に影響が出る可能性も出てきた。

  • トヨタ自動車本社
    トヨタ自動車本社
  • トヨタ自動車本社

トヨタ「今後は自社メディアで情報発信」

「イメージダウンにつながりかねないし、さすがの判断だな」「民意を考えると流さない方が良い」「いずれ、他の企業も続くだろう」...

   トヨタが2021年7月19日、五輪関連CMを国内では流さないと報道陣に明かしたと報じられると、ネット上では、それを支持する書き込みが相次いだ。「開会を容認してることに変わりはない」との声もあったが、その立場を理解する向きは多いようだ。

   トヨタの広報部は20日、その理由について、J-CASTニュースの取材にこう答えた。

「明確には言っていませんが、オリンピックは理解されていない部分も正直あり、よりアスリートが集中できるようにと配慮しました。200人ほどの関連アスリートを応援したいと考えており、今後は自社メディアのトヨタイムズを通じて情報発信していきます」

   これは、五輪については、テレビなどのマスメディアと決別したとも取れる言い方だ。スポンサー大手が離れることは、テレビ局などにとって収入上の痛手にもなりうる。

   ワイドショーなどでは、五輪が多くの国民の支持を得ていないとして、コメンテーターらがその開催に疑問符を突き付けてきた。五輪がスタートすれば、今度は連日、活躍した選手らの話題で持ちきりになることも予想される。

   それだけに、ネット上では、「不安を煽りまくった結果、CMスポンサーが逃げた」「2枚舌のマスメディアに愛想を尽かした結果だよ」「各テレビ局にとっては大打撃。それも自業自得」といった声も漏れていた。

   トヨタは、五輪会場のほとんどが無観客になったことを考慮して、豊田章男社長や同社幹部らは、五輪の開会式には出ないことも明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中