2021年 8月 5日 (木)

東京五輪「始まれば盛り上がる」はどこまで本当? 心理学博士に見解を聞いてみた

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   開会式を明日に控えた東京オリンピック。新型コロナウイルスの流行が収束しない中での開催となったことにはいまだ異論は多く、ツイッター上では「#東京五輪を中止せよ」とのハッシュタグが付けられたツイートや、「途中で中止とかはありそうな気がしてきたな、五輪」といった声が上がり続けるなど、競技が始まってなお五輪への風当たりは強い。

   しかし、その一方で、「いざ始まれば、反対していた人たちも五輪開催を喜ぶ」といった見方をする向きもある。はたして、その見立てはどこまで現実になるのだろうか。J-CASTニュースが識者の意見を聞いた。

  • この盛り上がりは再び起きるか(写真は2013年の招致決定時、AP/アフロ)
    この盛り上がりは再び起きるか(写真は2013年の招致決定時、AP/アフロ)
  • この盛り上がりは再び起きるか(写真は2013年の招致決定時、AP/アフロ)

「手のひら返し」は本当に起きるのか

   「週刊文春」(2021年4月22日号)に掲載されたのは、「『始まれば盛り上がる』菅が狙う9・9解散」との見出しの記事だ。

   記事では、コロナ対策に苦慮する菅首相が起死回生を狙ってオリンピックを強行し、その勢いで衆議院を解散し、選挙に突入する目論見であると報道。「『始まれば盛り上がるから』首相は側近らの前でこう口にしている」との一文もあったためか、記事は大きな反響を呼んだのだった。

   このような状況もあってか、ネット上では

「オリンピック反対とか言ってる人見てて思う。いざ始まれば誰よりも応援してるんだろうなぁ~って」

   といったツイートや、

「無観客五輪でもいざ始まれば日本中が熱狂するでしょう」

   とのツイートもあるほど。確かに、東京オリンピックが近づくにつれ、テレビの五輪特集が増えるなど、開幕への機運は高まっているようにも思える。

   だが、これらのネットユーザーが訴える「いざ五輪が始まれば手のひら返しが行われる」などということは、本当に起こり得るのか。J-CASTニュースは20日、経営コンサルタントで心理学博士の鈴木丈織氏の見解を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中