2021年 9月 19日 (日)

「セブンなしでは何もできない」 五輪で来日のカナダ人記者、セブン-イレブンの虜になる

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京五輪の取材で来日したカナダの記者が、セブン-イレブンにドハマりしていると話題になっている。

   宿泊先に併設している店舗に通い詰めているようで、連日のように「セブン愛」あふれるツイートを投稿。その数は来日後の8日間で50件近くに及ぶ。その熱量が日本のユーザーの間で「面白い」と話題になっている。

  • デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より
    デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より
  • デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より
    デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より
  • デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より
  • デヴィン・ハーロウさんのツイッター(@Devin_Heroux)より

「どんだけ日本のセブンにはまってるんやww」

   話題になっているのは、オリンピックリポーターとして来日したカナダのテレビ局「CBC」記者のデヴィン・ハーロウさん(@Devin_Heroux)によるツイートだ。

   日本に到着した2021年7月18日から25日までの8日間で47件ほど、五輪リポートの合間に毎日、「Iced coffee heaven」や「I've missed you」、「I'm baaaaaaaaaack」などとセブン-イレブンへの思いを投稿している。

   23日深夜まで及んだ開会式の直後には、セブン-イレブンに戻るまでを実況するような投稿も行った。

「深夜2時にセブンはやってる?枝豆チップスとたまごサンドが無性に食べたい」
「セブンに行けますように」
「セブンまで歩いてる。黄金の門が開いてるといいな」
「セブン-イレブン。あなたがいないと何もできないよ」

   これらの投稿は、日本のツイッターユーザーからも大きな注目を集めることとなった。

   ある日本のユーザーが24日朝、上記の投稿をまとめて伝えると1万8000件以上のリツイートがされ、3万4000件超の「いいね」が投じられた。ツイッター上では、

「どんだけ日本のセブンにはまってるんやww」
「日本のコンビニが他国の人に愛されてるの何か嬉しいな」
「何この可愛いおじさんのお話」
「すげぇ面白い記者さんだ」

といった反応が寄せられている。

   ツイートが日本で話題となっていることを知ったデヴィンさんはツイッターで「何が起こってるの?!」と驚きを表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中