2021年 9月 23日 (木)

日本・韓国・台湾9選手の自撮り写真、アーチェリー連盟が公開 笑顔の1枚に「2万いいね」の反響

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京五輪・アーチェリー男子団体の日本、韓国、台湾選手による自撮り風景が、各国で話題となっている。

   反響を受けてか、世界アーチェリー連盟は撮影した写真を公開した。

  • 表彰式(写真:ロイター/アフロ)
    表彰式(写真:ロイター/アフロ)
  • 世界アーチェリー連盟アジア支部フェイスブックより
    世界アーチェリー連盟アジア支部フェイスブックより
  • 表彰式(写真:ロイター/アフロ)
  • 世界アーチェリー連盟アジア支部フェイスブックより

「微笑ましかった」「感動しました」

   東京五輪・アーチェリー男子団体決勝が2021年7月26日に行われ、韓国が金メダルを獲得した。銀は台湾、銅は日本だった。

   表彰式では、韓国の選手のかけ声のもと、3か国の選手による自撮り場面があった。撮影後にはそれぞれグータッチで健闘を称えた。

   視聴者からはSNSで「微笑ましかった」「感動しました」「こういうのがオリンピックだよね」と好意的な意見がさまざまな言語で書き込まれた。

   世界アーチェリー連盟のアジア支部は27日、撮影した写真をフェイスブックで公開した。各選手が肩を寄せ合い、満足そうに顔をほころばせている。投稿には公開から5時間で2万近くの「いいね!」が集まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中