2021年 9月 21日 (火)

金メダルで報酬1億2000万円! フィリピン史上初の快挙でお祭り騒ぎ、五輪で「人生変わった」女子選手

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京オリンピック重量挙げで優勝したフィリピンのヒディリン・ディアス選手(30)。同国にとって史上初となる金メダルに国内はお祭り騒ぎになっているようだ。

   現地企業が次々に発表するディアス選手への報酬の豪華さが話題となっている。

  • ヒディリン・ディアス選手(写真:AP/アフロ)
    ヒディリン・ディアス選手(写真:AP/アフロ)
  •  27日時点の報酬一覧(ツイッターアカウント@PhilippineStarより)
    27日時点の報酬一覧(ツイッターアカウント@PhilippineStarより)
  • ヒディリン・ディアス選手(写真:AP/アフロ)
  •  27日時点の報酬一覧(ツイッターアカウント@PhilippineStarより)

97年間で初めての金メダル

   ディアス選手は2021年7月26日に行われた東京五輪・重量挙げ女子55キロ級に出場し、スナッチ97キロ、ジャーク127キロ、トータル224キロで優勝した。

   本人は28日のインスタで「オリンピックで金メダリストになったなんて、信じられません」と感激をつづっている。

   フィリピンが初参加した1924年パリオリンピックから97年。初となる金メダル獲得に、国内は非常な盛り上がりを見せているようだ。

   現地紙The Philippine Starのウェブ版記事によると、ディアス選手には政府や民間企業から様々な報酬が送られるといい、27日時点で、その総額は5850万ペソにのぼるという。日本円に換算するとおよそ1億2700万円だ。

   フィリピン統計機構の報告によると、2018年の全国平均所得は年間で約31万ペソ(およそ68万円)。ディアス選手に与えられる報酬はとてつもない額だと分かる。

   またThe Philippine Starが27日にツイッターで伝えたところによると、フィリピン大統領官邸は同日、代表チームのアスリートが十分な財政的支援を受けていないことを認めたうえで、ディアス選手の歴史的な勝利がスポーツへの資金提供に関する方針を変える可能性があると述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中