2021年 9月 19日 (日)

開会式出演、麻央さんとの「約束」だった 市川海老蔵が報告「願いを果たせた」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが2021年7月28日、YouTubeチャンネル「EBIZO TV 市川團十郎 白猿」で公開された動画で、東京オリンピック開会式への出演が、妻・小林麻央さんとの約束だったことを明かした。

  • 市川海老蔵さん(2019年撮影)
    市川海老蔵さん(2019年撮影)
  • 開会式での市川海老蔵さん(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    開会式での市川海老蔵さん(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 市川海老蔵さん(2019年撮影)
  • 開会式での市川海老蔵さん(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

開会式には「5~6年間携わっていた」

   7月23日に開催された五輪開会式で、歌舞伎の演目「暫(しばらく)」を演じた海老蔵さん。このほど公開された「【約5年】願いを果たせた日。オリンピック開会式での"暫"披露」と題した動画で、今回の開会式について「5~6年間携わっていた」と告白し、「出演することだってぎりぎりまで決まらないなのよ。だから、この5~6年間は本当に大変だった」と語った。

   開会式参加の話は、17年6月に亡くなった麻央さんの生前から動き出していた。海老蔵さんは

「麻央も生きてた時から、何個か彼女が俺にやって欲しいことがいくつかあって。その一つにオリンピック開会式に出て欲しいというのが彼女の想いだった」

と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中