2021年 9月 19日 (日)

五輪の競泳会場でまさかの「編み物」 飛び込み金メダリストの「意外な趣味」に注目

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪・男子シンクロナイズドダイビング10m高飛込で、金メダルを獲得した英代表のトム・デイリー選手が、「編み物王子」としてSNS上で話題になっている。

   2021年8月1日には、競泳会場で編み物をしている様子が撮影され、何を作っているのかと大きな注目が集まっていた。

  • 英代表のトム・デイリー選手(写真:ロイター/アフロ)
    英代表のトム・デイリー選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 競泳会場で編み物をするデイリー選手(写真:PA Images/アフロ)
    競泳会場で編み物をするデイリー選手(写真:PA Images/アフロ)
  • 犬のセーターが完成した
    犬のセーターが完成した
  • 英代表のトム・デイリー選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 競泳会場で編み物をするデイリー選手(写真:PA Images/アフロ)
  • 犬のセーターが完成した

観客席で編み物をする姿が話題に

   デイリー選手がインスタグラムで伝えたところによれば、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うロックダウンが始まったころから編み物やかぎ針編みに取り組むようになった。2020年9月には編み物作品を紹介するためのインスタグラムアカウントを開設し、自作のセーターやマフラー、ぬいぐるみなどを披露している。

   東京五輪で金メダルを獲得すると、日本とイギリスの国旗がデザインされた「メダル入れ」を自作。編み物を披露するアカウントで、「これでメダルを傷つけずに持ち運べるよ」と得意げに披露した。

   そんなデイリー選手は2021年8月1日、応援で訪れている競泳会場でも編み物に励んでいた。女子板飛び込みの中継中に、観客席にいるデイリー選手の様子が写された。デイリー選手は、活躍する選手らに目をやりながらも、隙あらば熱心にニットを編み続けていた。手元にはピンクと紫の毛糸で編まれたニットがあった。

   この様子は、オリンピック公式SNSアカウントやイギリス選手団公式「チームGB」のツイッターなどでも紹介され、SNS上では「板とびこみの客席で編み物してるトーマスデイリー!可愛い!」「イギリスの編み物王子~なに編んでるのぉ?」などと大きな注目を集めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中