2021年 9月 22日 (水)

五輪話がうっとうしい...話題の「オリハラ」どう防ぐ? 過去の類似ケースから考える

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   開幕から1週間以上が経過した東京オリンピック。無観客での開催とはなったものの、ネット上には「目の前の熱い戦いをみると、これで良かったと思う」といった声が上がるようになるなど、五輪熱は確実に高まっているのが分かる。

   だが、それとは一線を画す動きも広がっているようだ。2021年8月1日に放送された「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)で扱われたのは「オリンピックハラスメント」(オリハラ)なるテーマだ。

  • あなたもうっかり「オリハラ」をしてしまっている!?(写真は新国立競技場)
    あなたもうっかり「オリハラ」をしてしまっている!?(写真は新国立競技場)
  • 有吉弘行さん(2015年撮影)
    有吉弘行さん(2015年撮影)
  • あなたもうっかり「オリハラ」をしてしまっている!?(写真は新国立競技場)
  • 有吉弘行さん(2015年撮影)

出演者を誘導して「オリハラ」の話題を出した有吉さん

   番組中、パーソナリティーを務める有吉弘行さん(47)はオリンピックの話題になった際、番組出演者の「デンジャラス」安田和博さん(53)に対し、「(オリンピックについて)『あれよかったね、これよかったね』みたいな話ができたらなぁ、なんて思いますけど」と水を向けた。

   これに対し、安田さんは柔道のウルフ・アロン選手(25)が男子柔道100キロ級決勝で延長戦になった際、大外刈りで金メダルを決めたことに言及。自身の子供と意気投合したことが嬉しかったと語ったのだった。

   しかし、これに対し、有吉さんは「世間ではオリンピックハラスメントというのが話題になってますね」と、まさかの梯子外し。さらに、「オリンピックやスポーツに関心のない層から冷めた意見が(ネット上に出ている)」と、必ずしもオリンピックで盛り上がっている人ばかりではないと指摘したのだった。

   熱っぽく五輪トークを始めた安田さんに、冷や水を浴びせるような切り返しを見せた有吉さん。つまり「オリンピックハラスメント」の話が出来るように安田さんに地ならしをさせていたわけであり、最初にオリンピックの話を振ったのは罠だったのだ。

   一連のやり取りを聞いていたリスナーからは「オリンピックハラスメント(オリハラ)が巷では話題になってますが。。という入りが天才的すぎて笑った」といった声が続々と上がったのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中