2021年 9月 17日 (金)

侍ジャパンの継投は「結果オーライ」か 同点で青柳、9回に大野...稲葉采配に「不可解すぎる」の声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   侍ジャパンが2021年8月2日、東京五輪の準々決勝・米国戦で劇的なサヨナラ勝ちを飾った。

   先発の田中将大(楽天)が4回に集中打を浴びて3失点と逆転を許すと、5回も3番手の青柳晃洋(阪神)が打ち込まれて3点のリードを許したが、強力打線で劣勢をはね返す底力を見せた。

  • 稲葉篤紀監督(写真:Penta Press/アフロ)
    稲葉篤紀監督(写真:Penta Press/アフロ)
  • 稲葉篤紀監督(写真:Penta Press/アフロ)

大野登板に「驚きました」

   土壇場の9回に柳田悠岐(ソフトバンク)の内野ゴロで6-6の同点に追いつくと、タイブレーク方式で行われた延長10回裏一死二、三塁から甲斐拓也(ソフトバンク)が右翼オーバーのサヨナラ打で勝負を決めた。

   1次リーグからすべて逆転勝利で、参加6ヵ国中で唯一の3連勝。投打共に充実した布陣は他国を圧倒する。死角がないように見えるが、スポーツ紙の記者は稲葉監督の采配に「不可解すぎる」と首をかしげる。

「1点をリードされた9回に大野雄大(中日)を救援でつぎ込んだのは驚きました。延長戦を見据えたのかもしれませんが、平良海馬(西武)も控えていました。これ以上点をやれない場面で、リリーフが不慣れな大野を登板させるのはリスクが高い。
結果的に無失点に抑えましたが、大野を起用するなら、青柳が打ち込まれた5回に起用するべきだったと思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中