2021年 9月 20日 (月)

五輪野球「日韓戦」の準決勝、韓国メディアが警戒する投手 「打線沈黙させた大谷翔平と似ている」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪野球準々決勝が2021年8月2日、横浜スタジアムで行われ、日本代表が米国代表を延長戦の末7-6で下した。

   6-6の同点で突入したタイブレークで1死2、3塁のチャンスに甲斐拓也捕手(28)がサヨナラタイムリーを放って勝利。悲願の金メダルまであと2勝となった日本は、宿敵・韓国を迎えて4日の準決勝に臨む。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

日韓準決勝「総力戦は避けられない」

   決勝進出をかけた日本と韓国の一戦は日本の野球ファンの注目を集めているが、人気競技の「日韓戦」ということもあり韓国国内での注目度も高いようだ。

   韓国メディア「朝鮮日報」(WEB版)は日本が準決勝進出を決めた直後の2日夜に「日韓戦」の特集記事を掲載した。

   記事の冒頭では「決勝チケットがかかった勝負、総力戦は避けられない」とし、この一戦次第で決勝戦に行くか、敗者復活に回るかのどちらかとなるが、決勝戦に直行するのが最高のシナリオだと強調している。

   記事の中では、日本に大きな異変がない限り準決勝で山本由伸投手(22)を先発に起用すると予想している。山本は今大会の実質的な日本のエースと紹介され、次回はじっくり休んで登板する予定のため準備には問題ないと指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中