2021年 9月 19日 (日)

北朝鮮、東京五輪「閉幕後」に「女子サッカー2試合」放送の謎 不参加が影響?過去大会より頻度減

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   北朝鮮の朝鮮中央テレビが、東京五輪の会期が終了してから競技の様子を放送するという珍しい事態が起きている。過去の大会では、会期が始まってから数日後に競技の様子を流してきたのとは対照的だ。北朝鮮が新型コロナ対策を理由に東京五輪に参加しなかったことが影響しているとみられる。

   現時点で放送されたのは女子サッカー2試合。北朝鮮でもサッカー人気が根強いことを反映したとみられるが、今後、他の競技が放送されるかも焦点だ。

  • 北朝鮮の朝鮮中央テレビは東京五輪閉幕2日後にサッカーの試合を録画放送した。画面の文字は「スポーツ競技ニュース」と読める(写真は朝鮮中央テレビから)
    北朝鮮の朝鮮中央テレビは東京五輪閉幕2日後にサッカーの試合を録画放送した。画面の文字は「スポーツ競技ニュース」と読める(写真は朝鮮中央テレビから)
  • 北朝鮮の朝鮮中央テレビは東京五輪閉幕2日後にサッカーの試合を録画放送した。画面の文字は「スポーツ競技ニュース」と読める(写真は朝鮮中央テレビから)

ロンドン、リオは会期中に毎日放送していた

   朝鮮中央テレビが初めて東京五輪の様子を放送したのは、2021年8月8日の閉会式から2日後の8月10日。70分間にわたって女子サッカーの英国対チリ戦を流した。翌11日にも女子サッカーのブラジル対中国戦を放送している。いずれも、画面に簡単な得点表示が入る程度で、実況や解説は入っていない。両試合は20日ほど前の7月21日に開催。この2試合がなぜ放送の対象に選ばれたのかは不明だ。なお、女子サッカーはカナダとスウェーデンが決勝に進出し、カナダが初優勝している。

   過去の五輪に比べると、放送までのタイムラグが大きくなり、頻度も減っている。韓国メディアによると、12年のロンドン五輪では、開幕2日後の7月29日から、閉会式翌日の8月13日まで毎日試合を放送。それ以降も、10月2日まで散発的に放送された。

   16年のリオ五輪でも、開幕4日後の8月9日から閉会式3日後の24日まで毎日、五輪関係の話題を放送した。

   放送の減少は北朝鮮の不参加が影響しているとみられる。北朝鮮は21年4月5日、体育省が運営しているとみられるウェブサイト「朝鮮体育」を通じて、「世界的な保健の危機から選手たちを保護するため」として、東京五輪の不参加を発表していた。夏季五輪の不参加は、1988年のソウル五輪以来33年ぶりだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中