2021年 9月 26日 (日)

「なんだこの選手の揃え方は」 徳光和夫氏、五輪野球の米国代表に苦言「おかしいですよ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   フリーアナウンサーの徳光和夫氏(80)が2021年8月14日、自身がパーソナリティーを務める「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(ニッポン放送)に生出演し、東京五輪野球について言及した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 写真:ロイター/アフロ
    写真:ロイター/アフロ
  • 画像はイメージ
  • 写真:ロイター/アフロ

徳光氏「僕は負ける気がしなかった」

   東京五輪野球決勝は7日に横浜スタジアムで行われ、日本代表が2-0で米国代表を下し悲願の金メダルを獲得した。

   決勝戦は森下暢仁(広島)が先発し、千賀滉大(ソフトバンク)、伊藤大海(日ハム)、岩崎優(阪神)と繋ぎ、最後は守護神・栗林良吏(広島)が締めくくった。

   打線は8番に入った村上宗隆(ヤクルト)が3回に先制のソロを放ち、8回に貴重な追加点を入れ米国を突き放した。

   徳光氏は「2点差で見事に日本が金メダル。うれしかったですし、うれしかったと同時に僕は負ける気がしなかった」と振り返り、米国のチーム構成について苦言を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中