2021年 9月 17日 (金)

五輪韓国選手「ガム事件」で謝罪 試合中の態度に批判殺到「言い訳の余地はない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪野球の韓国代表・姜白虎(カン・ベッコ、22)が2021年8月15日、大会中の「ガム事件」について謝罪した。複数の韓国メディアが伝えた。

  • 東京五輪野球韓国代表チーム(写真:ロイター/アフロ)
    東京五輪野球韓国代表チーム(写真:ロイター/アフロ)
  • 姜白虎選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    姜白虎選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 東京五輪野球韓国代表チーム(写真:ロイター/アフロ)
  • 姜白虎選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

元メジャーリーガー朴賛浩はTV解説で苦言

   姜による「ガム事件」は、7日に行われた野球の3位決定戦(横浜スタジアム)で起こった。同決定戦は韓国代表とドミニカ代表の間で行われ、韓国代表は6-10でドミニカ代表に敗れメダルを逃した。

   問題視されたのは8回表のシーンだ。韓国メディアによると、ドミニカに大量5点を許した後、ベンチに座っていた姜はガムを噛みながらぼんやりした表情でグラウンドを見つめていたという。

   この様子は韓国放送局KBSで中継され、同局の解説を務めた元メジャーリーガー朴賛浩(パク・チャンホ)氏が、ガムを噛みながら勝負を諦めたような表情を浮かべた姜に対して「負けてもこんな表情を見せてはいけない」と苦言を呈した。

   韓国国内では人気競技のメダルのかかった一戦は大きな注目を集め、姜がガムを噛みながら覇気のない表情で試合を眺める画像がSNSで拡散され批判が集まった。複数の韓国メディアはこの一件を「ガム事件」と報じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中