2021年 9月 21日 (火)

「ここで嫌ならすぐさま出てけ!」 大河ドラマ・吉沢亮「ブチギレ」シーンに反響「怖くて震えた」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」第24話が2021年8月15日に放送され、吉沢さんの圧巻の激怒シーンが話題になっている。

  • 吉沢亮さん(2020年2月撮影)
    吉沢亮さん(2020年2月撮影)
  • NHK大河ドラマ「青天を衝け」番組ツイッター(@nhk_seiten)より
    NHK大河ドラマ「青天を衝け」番組ツイッター(@nhk_seiten)より
  • 吉沢亮さん(2020年2月撮影)
  • NHK大河ドラマ「青天を衝け」番組ツイッター(@nhk_seiten)より

慶喜が「朝敵」扱いされ、動揺するフランス一行

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一(吉沢さん)で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第24話「パリの御一新」では、第15代将軍・徳川慶喜(草彅剛さん)の弟・昭武(板垣李光人さん)の帯同でフランスにいる栄一の元に、幕府から「政を朝廷に返上した」と「大政奉還」の知らせる文が届く。そこには、慶喜率いる旧幕府軍と薩摩軍の戦闘が起こり、慶喜は朝敵扱いされていることも記してあり、一同は大混乱。あまりの無念さに、取り乱して涙を流す者も現れる。

   そうしたなか、栄一は各国に派遣されていた留学生たちを帰国させるべく、昭武の住む家の広間に一時的な寝床を用意する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中