2021年 9月 17日 (金)

「暴行騒動」でも中田翔を見切れない? 「4番不在」日本ハムの深刻すぎる野手事情

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   最下位に低迷する日本ハム。後半戦で巻き返しを狙うが、最初のカードのソフトバンク戦(ペイペイドーム)で3試合連続無得点となった。

   3戦目は6人の継投でノーヒットに抑え込まれた。これで28イニング連続無得点。貧打は深刻だ。

  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

3試合でヒットは4本だけ

「得点が入る可能性が感じられない。3試合で計4安打では勝てません。3戦目は無安打です。投手陣が踏ん張って0-0の引き分けに持ち込みましたが...。ベンチ内の雰囲気も重苦しく感じます。あの一件の影響がないと言ったら嘘になるでしょう」(スポーツ紙記者)

   「あの一件」とは、主砲の中田翔に無期限の出場停止処分が下った暴行事件だ。

   球団の発表によると、中田が8月4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前、ベンチ裏で会話していた後輩の選手に腹を立てて手を出したという。

   同試合に中田は「4番・一塁」でスタメン出場していたが、被害に遭った選手から事情を聴いた球団は1打席で交代させて即時帰宅を命じた。そして、統一選手契約書第17条(模範行為)違反で1軍・ファーム全ての試合の出場停止処分を科したことを11日に発表した。

   今季は故障で戦線離脱するなど、39試合出場で打率.193、4本塁打、13打点。チームが低迷する大きな要因になっているが、本来は不動の4番として活躍しなければいけない選手だ。

   昨季は自己最多の31本塁打をマークし、108打点で3度目の打点王を獲得している。急性腰痛からリハビリを経て、後半戦での大爆発が期待されたが、チームメートへの暴挙で姿を消すことになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中