2021年 9月 23日 (木)

カシメロは井上尚弥に「何一つ勝っているところがない」 専門家が再認識した力の差

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが2021年8月14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンで行われ、王者ジョンリル・カシメロ(31)=フィリピン=が、前WBA世界バンタム級レギュラー王者ギジェルモ・リゴンドー(40)=キューバ=を2-1の判定で下し4度目の防衛に成功した。

  • バンタム級の絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)
    バンタム級の絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)
  • バンタム級の絶対王者・井上尚弥(編集部撮影)

金平会長「リゴンドーの手数が圧倒的に少なかった」

   注目の一戦はリゴンドーがフットワークを駆使し、カシメロが追いかける展開に。カシメロは前に出ながら圧力をかけるも自慢の強打は空を切るばかりだった。一方のリゴンドーは手数が少なく、試合途中にブーイングが飛ぶシーンも。試合は結局、大きな見せ場もなく最終のゴングを迎えた。

   世界屈指のテクニシャンを破りバンタム級戦線に踏みとどまったカシメロ。ボクシングの専門家はこの試合をどうみたか。J-CASTニュース編集部は協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に話を聞いた。

   カシメロ、リゴンドーともに有効打が少なく、盛り上がりに欠いた一戦について金平会長は「ファンの人からみたら内容が最悪だったと思います」と切り込み、次のように語った。

「リゴンドーの感覚としては、打たれてないし自分のパンチが結構当たっていたので勝っただろうと思ったのではないでしょうか。リゴンドーはアマチュアで長くやってきたせいかもしれないが、自己ジャッジが強く、自分にポイントが来ていると思っていたのかもしれません。いずれにせよリゴンドーの手数が圧倒的に少なかったことは間違いない」(金平会長)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中