2021年 9月 21日 (火)

五輪韓国選手の「靴下マナー」に反響 表彰台での配慮に「やはり東方礼儀の国らしい」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京五輪体操女子の韓国代表・呂書晶(ヨ・ソジュン、19)が、靴下姿でメダル授与式に臨んだ理由を明かした。本人がインスタグラムで伝えている。

  • 種目別跳馬で銅メダルを獲得した呂書晶(写真:AP/アフロ)
    種目別跳馬で銅メダルを獲得した呂書晶(写真:AP/アフロ)
  • 種目別跳馬の表彰式(写真:AFP/アフロ)
    種目別跳馬の表彰式(写真:AFP/アフロ)
  • 種目別跳馬で銅メダルを獲得した呂書晶(写真:AP/アフロ)
  • 種目別跳馬の表彰式(写真:AFP/アフロ)

韓国体操初の親子2代メダル

   呂は、8月1日に行われた種目別跳馬で銅メダルを獲得。父の呂洪哲(ヨ・ホンチョル)氏は96年アトランタ五輪の跳馬で銀メダルを獲得しており、韓国体操初の親子2代でのメダル獲得となった。

   試合後に行われた表彰式には、金メダルのレベカ・アンドラデ(ブラジル)、銀メダルのミケイラ・スキナー(米国)らとともに参加し、笑顔でスリーショットに収まった。

   この表彰式で話題を集めたのは表彰台に上がった呂の足元だ。アンドラデ、スキナーらはシューズを履いて表彰台に上がったが、呂はシューズを履いておらず靴下のまま表彰台に上がりメダルを授与された。

   呂は16日にインスタグラムのストーリーズで表彰式でのいきさつについて明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中