2021年 9月 23日 (木)

五輪柔道銅メダルの韓国代表が「日韓両国」で受けた差別 「私は絶対に偏見を持たず生きていく」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

    東京五輪柔道男子73キロ級銅メダリスト安昌林(アン・チャンリム、27)が日本、韓国両国で受けた差別について告白した。

   在日韓国人3世の安は2021年8月18日放送の韓国tvNの番組に出演し、これまでの柔道人生を振り返りながら日韓両国で体験した差別を赤裸々に語った。番組での模様は複数の韓国メディアが伝えている。

  • 東京五輪柔道銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)
    東京五輪柔道銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)
  • 東京五輪柔道銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)

日本の柔道名門大学から韓国へ

    日本の京都出身の安は幼いころに柔道を始め、地元の中学を卒業後に神奈川・桐蔭学園高に進学。その後、筑波大に進むも14年に韓国の大学に転校した。18年柔道世界選手権では73キロ級で優勝し、東京五輪では銅メダルに輝いた。

    地元メディアによると、番組の中で安は日本で活動していた時代について韓国籍であるゆえに出場出来ない試合があったとし、選手として目標意識を持つことが大変だったことを明かした。

   大学時代には柔道部の監督から日本への帰化を提案されたが、安は首を縦に振らなかった。韓国メディア朝鮮日報は、安の家族は安の将来を考え帰化を勧めたが安の信念は固かったと伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中