2021年 9月 22日 (水)

ネクタイのほつれた糸は「絶対に切っちゃダメ」 裁縫のプロが注意喚起、一体なぜ?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ネクタイから細い糸が飛び出ても絶対に切らないで――。

   こんな豆知識を、縫製会社「笏本縫製」(岡山県津山市)のネクタイ職人がツイッターで紹介すると、約3万件の「いいね」が寄せられるなど大きな注目が集まっている。J-CASTニュースは理由や対処法を聞いた。

  • ネクタイの豆知識が話題に(写真:笏本縫製提供)
    ネクタイの豆知識が話題に(写真:笏本縫製提供)
  • ネクタイからほつれ出た糸(写真:笏本縫製提供)
    ネクタイからほつれ出た糸(写真:笏本縫製提供)
  • 笏本達宏さん(写真:笏本縫製提供)
    笏本達宏さん(写真:笏本縫製提供)
  • 高級ネクタイブランド「SHAKUNONE」 (写真:笏本縫製提供)
    高級ネクタイブランド「SHAKUNONE」 (写真:笏本縫製提供)
  • ネクタイの豆知識が話題に(写真:笏本縫製提供)
  • ネクタイからほつれ出た糸(写真:笏本縫製提供)
  • 笏本達宏さん(写真:笏本縫製提供)
  • 高級ネクタイブランド「SHAKUNONE」 (写真:笏本縫製提供)

飛び出た糸の正体は?

   笏本縫製は1968年に創業し、津山市に縫製工場を構える。様々なブランドの縫製を受注している。2015年には高級ネクタイブランド「SHAKUNONE」を立ち上げ、オンラインショップや百貨店などで販売している。

   同社の代表取締役でネクタイ職人の笏本達宏(しゃくもとたつひろ)さんが8月16日、ツイッターでこのような呼びかけをした。

「絶対に切っちゃダメ。ネクタイからこんな糸が出てても無茶に引っぱったり切ったりしないで」

   ネクタイの大剣の裏側から、細い糸がたるみ出てしまうことがある。笏本さんによれば、この糸は「スリップステッチ」と呼ばれる。ネクタイの伸縮性を維持する長い一本の糸で、切ってしまうとネクタイがほつれてしまうという。

   ツイッター上では、

「めっちゃブチブチ切ってた。どおりですぐネクタイがボロボロになるわけだ」
「これ、知らないと引っ張っちゃうなあ!びっくり」

などと驚きの声が寄せられている。

   それでは、どのように対処したら良いのか。J-CASTニュースは18日、笏本さんに取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中