2021年 9月 21日 (火)

立川志らくも「殴り書き謝罪文」 河村市長をパロディも...「宛先」巨人ファンからは怒りの声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   落語家の立川志らくさんが2021年8月24日、中田翔選手の移籍問題を揶揄するツイートに批判が集まっていたことを受け、ツイッターに直筆の「謝罪文」を投稿した。

   アップされた謝罪文は、 名古屋市長の河村たかし氏が「金メダルかじり騒動」で書いた謝罪文をパロディしたもの。河村氏の謝罪文は、その筆致が「殴り書き」のように見えるとして、ネット上で批判が寄せられていた。

  • 志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
    志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
  • 志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
    志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
  • 志らくさんのツイッター(@shiraku666)より
  • 志らくさんのツイッター(@shiraku666)より

「ドラゴンズは優勝出来なくてもこんなことはしません」

   志らくさんは、暴力問題で日本ハムファイターズから読売ジャイアンツにトレードとなった中田翔選手をめぐり、21日に「読売は中田を引き受けてもう試合に出している。暴力で日ハムを追放になった選手をすぐ使うのか」とツイートした。

   志らくさん自身はドラゴンズファンであることから、「ドラゴンズは優勝出来なくてもこんなことはしません」とも投稿している。

   このツイートに対し、「今回の一件で読売を批判するのはお門違いだと思います」「他球団を侮辱する行為はどんな理由があろうとも許されることではない」など批判の声が相次ぎ、志らくさんはこの投稿を削除している。

   このツイートは削除したものの、志らくさんは以下のように今回の巨人の姿勢を批判するような投稿を続けていた。

「他のチームに行きたい選手はちょいと暴力を振るえばいいことになっちゃう。やはり半年は謹慎させないとね」
「読売ファンよ、ごめんね。でもねYahooニュースのコメント欄見てごらん。殆ど私の意見に賛同するものばかり。謹慎せずにすぐ試合に出させた事を批判してるんです、世間は」

   こうした志らくさんのツイートには、賛同する声がある一方、「自分が正しいって思ってるなら何故ツイートを消す必要がある」「消してなかったら応援した」などの声も多く寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中