2021年 9月 22日 (水)

障害者狙った電車の痴漢...「駅アナウンスのせいだ」と泣いた女性も NPOが改善要望、国交省動く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   車いす利用者などの障害者を電車の降車時などに介助するときの「駅アナウンス」について、障害者が痴漢などの被害に遭っているとして、障害者団体が改善を求める要望書を国土交通省に提出した。

   加害者がアナウンスを元に近づき、下着の色を聞いてきたりするなどのケースがあったという。国交省では、要望を受けてやり方の再考を各鉄道事業者に求めており、JR東日本では、「お客様の意向に基づいてアナウンスしているが、案内方法は検討している」と説明した。

  • 駅アナウンスで被害に遭ったと訴え(写真はイメージ)
    駅アナウンスで被害に遭ったと訴え(写真はイメージ)
  • 障害者が被害を受けたという事例(DPI日本会議の公式サイトから)
    障害者が被害を受けたという事例(DPI日本会議の公式サイトから)
  • 駅アナウンスで被害に遭ったと訴え(写真はイメージ)
  • 障害者が被害を受けたという事例(DPI日本会議の公式サイトから)

スーツ姿の男性が「ここだ!」と言って、下着の色を聞いてきた

   「お客様ご案内中です。乗車完了」。鉄道事業者によっては、障害者を介助するときに、駅員らがマイクを使って、こんなアナウンスをしている。

   障害者団体でつくるNPO法人「DPI日本会議」は2021年8月25日、駅アナウンスによって障害のある女性が痴漢・ストーカー被害に遭っていると、公式サイトへの投稿で訴えた。中には、乗降する号車名や降車駅をアナウンスするケースもあるという。

   サイトでは、15件ほどの被害例を挙げており、例えば、ある車いす利用者の女性は、夜遅くに電車に乗り、周囲が男性ばかりだったため、「アナウンスをしないで下さい」と駅員に訴えた。

   しかし、それはダメだと伝えられ、乗った号車名まで言われてしまった。すると、スーツ姿の男性が「ここだ!」と言って、ドア付近にいた女性の後ろにぴったりくっついてきた。男性は、下着の色を聞いたり、卑猥なことを繰り返し言ったりして、女性は、怖くて声も出なかったという。

   そして、降りた駅で係員に「アナウンスのせいだ」と泣きながら訴えたが、「警察に行って下さい」と言われるだけだったとしている。それ以来、心療内科にかかるようになり、「もう電車は怖いから、アナウンスがなくならない限り電車は乗れない」と女性は訴えているそうだ。

   このほかにも、体験談の一部を挙げると、次のようなケースがあったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中