2021年 9月 20日 (月)

「同じラッパーとして恥ずかしい」 批判殺到の密フェス、同業者からも相次ぐ失望の声

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   密状態で開催されたとして批判が相次いでいるヒップホップ系野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」について、同フェスに出演していない「同業者」のアーティストらから、落胆の声が相次いでいる。

  • 参加者で密状態だった会場(出演者MC TYSONさんのインスタグラム投稿動画から)
    参加者で密状態だった会場(出演者MC TYSONさんのインスタグラム投稿動画から)
  • 参加者で密状態だった会場(出演者MC TYSONさんのインスタグラム投稿動画から)

「あれやられたら僕らの苦労が一瞬で水の泡になる...」

   2021年8月29日に愛知県常滑市の会場で開催された音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021」をめぐっては、酒類の販売があったほか、観客が密になってのステージを鑑賞する姿などが報告されていた。

   大勢の観客らがもみ合いになりながら歓声をあげる様子などを映した動画もSNSで拡散され、インターネット上では批判の声が殺到。30日には、愛知県と常滑市側それぞれが主催者へ抗議をした。

   今回の騒動をめぐっては、「同業者」のヒップホップアーティストからも、ツイッターに落胆の声が続々と投稿されている。

   「Creepy Nuts」のDJ松永さんは、会場となった常滑市の市長・伊藤たつや氏と愛知県知事の大村秀章氏による同フェスへの抗議ツイートをリツイートしたのち、NAMIMONOGATARIに直接は明言していないものの、

「悲しいし、恥ずかしいし、情けないし、悔しいし、気持ちの整理がついていない状況です」

と投稿した。

   SEAMOさんは「あれやられたら僕らの苦労が一瞬で水の泡になる...。愛知県にも、お客さんと共にしっかりと感染症対策をやっているライブイベントもあるのに」と、厳しい状況下で踏ん張る多くのライブイベントに触れ、やるせない気持ちを吐露している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中