2021年 9月 22日 (水)

臓器提供めぐる「葛藤」リアルに描く ナイト・ドクター最新話に「命の重みについて考えさせられた」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年8月30日に放送されたドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)第9話では、ドナー登録をめぐるエピソードが描かれた。そのテーマが、視聴者の間で「改めて考えさせられた」などと反響を呼んでいる。

  • ナイト・ドクター公式サイトより
    ナイト・ドクター公式サイトより
  • ナイト・ドクター公式インスタグラムより
    ナイト・ドクター公式インスタグラムより
  • ナイト・ドクター公式サイトより
  • ナイト・ドクター公式インスタグラムより

妹のドナー登録に兄は大反対

   ドラマの舞台は、365日24時間どんな患者も断らない医療を目指す「あさひ海浜病院」が立ち上げた夜間勤務専門の救命医チーム「ナイト・ドクター」。

   医師6年目の主人公・朝倉美月(波瑠さん)は、そこで熱い意思を持って働き始め、チームで出会った深澤新(岸さん)、成瀬暁人(田中圭さん)、桜庭瞬(北村匠海さん)、高岡幸保(岡崎紗絵さん)という年齢も性格も価値観もバラバラな5人の医師とともに、医療や人生を見つめていくというストーリーだ。

   ※以下、一部ネタバレを含みます※

   深澤の妹・心美(原菜乃華さん)は身体が弱く入院しがち。数年前に両親を失ってから、兄妹の二人三脚で生活をし、また闘病していた。

   そんな心美はある日、深澤に対し「ドナーになりたい」との旨を伝えるが、深澤は「身体にメスを入れられて、お前の代わりにほかの誰かが生きるなんて...」と大反対。その会話を聞いていた朝倉と桜庭は複雑そうな表情を浮かべる。

   実は、朝倉の亡くなった母はドナーとして臓器提供者であり、また桜庭は14歳のころ「レシピエント」として臓器提供を受けた過去があったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中