2021年 9月 23日 (木)

「コメントが的確すぎ」「おしゃべりも上手」 ボクシング金・入江聖奈、世界戦での「解説力」に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリスト入江聖奈(20)=日体大=の解説が反響を呼んでいる。

   入江は2021年9月1日に東京・大田区総合体育館で行われたWBO世界スーパーフライ級タイトル戦(王者・井岡一翔-挑戦者フランシスコ・ロドリゲス)を中継したTBSの番組にスペシャルゲストとして出演し、リングサイドから世界戦の解説を務めた。

  • 東京五輪で金メダルを獲得した入江聖奈選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    東京五輪で金メダルを獲得した入江聖奈選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 東京五輪で金メダルを獲得した入江聖奈選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

入江「井岡選手はどの距離からも華麗なコンビネーションを」

   プロボクシングの試合を生観戦するのは初めてだという入江は、試合前に王者井岡について「鉄壁のディフェンスと距離の支配力と正確な攻撃、スキのない選手」と評した。

   試合は初回からロドリゲスが積極的に攻め込む展開を見せ、井岡が迎え撃つ形で進んだ。

   2ラウンドを終えた時点で入江は「ロドリゲス選手の勢いに乗った時のコンビネーションと左アッパーの角度が怖いなと思うものがあると思いますが、井岡選手の左ボディーがきれいに入るので勝負の行方が分からないです」と分析し、次のように続けた。

「(ロドリゲスのアッパーが)縦に入るような感じで相手からしたら避けづらいんじゃないかなと思います。井岡選手はどの距離からも華麗なコンビネーションを打てるのでそこは強みかなと思いました」

   中盤に入ると井岡のギアが上がり、ロドリゲスが失速気味になり、流れが井岡に傾き始めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中