2021年 9月 23日 (木)

「ウッチー容赦ないな」「すごく愛がある」 まさかの敗戦直後、切り込んだ内田篤人のインタビューに反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年9月2日に行なわれたサッカー・カタールW杯のアジア最終予選初戦、日本はオマーンに0-1で敗れた。ネット上では、敗戦直後の選手らに対し核心に切り込んだ元日本代表・内田篤人さんが、話題を集めている。

  • 森田直樹/アフロスポーツ
    森田直樹/アフロスポーツ
  • 森田直樹/アフロスポーツ

「本来なら結果がついてきてインタビューしたいので」

   内田さんは、試合を生中継していたテレビ朝日のインタビュアーとして敗戦直後の選手らに対し質問をした。

   現在の日本代表チームの主将であり、かつて代表として内田さんとともに戦った吉田麻也選手には、厳しい口調で「お疲れ様です。0-1という結果ですけど、どう感じてますか」と問いかけた。

   吉田選手は一瞬答えに窮したような表情を見せ、「負けるべくして負けたなと思います」と言葉を絞り出した。「テンポも良くなかったですし......コンビネーションも良くなかったですし......全然良くなかったと思います」と振り返った。

   内田さんはさらに「結果としてはこうなりましたけども。次の戦いに向けて、どういうところを変えていきたいですか?」と切り込んだ。

   吉田選手は考えつつ、「まずはもっともっと、インテンシティー(プレーの激しさなど)を上げなきゃいけないですし、思い切ってプレーしなきゃいけないですし。次は必ず勝ち点3取らなければ行けない状況になったので、まずはいいリカバリーをして、次に備えなければいけないなと思います」と修正点を分析した。

   内田さんが「本来なら結果がついてきてインタビューしたいので、次はぜひ、勝ってください」と呼びかけると、吉田選手は「まぁ、あのー......」と言葉を探しながら汗を拭う仕草を見せ、「はい。頑張ります」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中