2021年 9月 26日 (日)

「このままでは正直厳しい」 中田退団でチャンス到来も...清宮幸太郎「2軍で打率1割台」の現実

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   暴力行為によって無期限の出場停止を科せられた中田翔が、日本ハムから無償トレードで巨人に移籍した。シーズン途中の放出について賛否両論の意見があるが、球団フロントはチームに残しておくべきではないと判断したのだろう。

   戦力面で言えば、長年4番を打ってきた中田の移籍は大きな痛手だ。ただ若手にとってはレギュラー獲りの大きなチャンスともいえる。その中で、球界を代表する長距離砲がファーム暮らしでくすぶっている。清宮幸太郎だ。

  • 高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 清水優心選手のインスタグラム、18年9月10日の投稿より
    清水優心選手のインスタグラム、18年9月10日の投稿より
  • 高校時代の清宮幸太郎(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 清水優心選手のインスタグラム、18年9月10日の投稿より

清宮は「打てるポイントが限られている」

「練習熱心ですし、野球に対する姿勢に問題があるわけではない。ハングリー精神が足りないと言われていますが、今の若い子供たちは闘志を全面に出すタイプの方が少ないし、それが致命的な問題ではない。清宮の課題は打てるポイントが限られていることです。

高校時代はもっと幅広いゾーンを打っていた印象でしたが、今はインコースがさばけず、アウトコースも体が開いてしまって高い確率で凡退する。ツボにはまれば長打が出るが、その確率が低い。

最下位に低迷するチーム事情なので、ファームで結果を残せば1軍に昇格できるチャンスが広がっているのですが、清宮は今年1軍に一度も上がってない。このままでは正直厳しいです」(スポーツ紙記者)

   高卒4年目。期待だけで起用される時期は過ぎている。昨年は96試合出場で打率.196、7本塁打、22打点。チームに貢献したとは言い難い成績だったが、開幕からシーズン終盤までファームに降格することがなかった。

   今年は違う。オープン戦13試合出場で打率.167、0本塁打と結果を残せず、故障以外では初の開幕2軍スタートになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中