2021年 9月 21日 (火)

出演イベント中止に「信頼が崩れた結果」 密フェス問題に怒り?人気バンドが滲ませた悔しさ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   出演予定だった野外フェスが中止となったことを受け、ロックバンド「打首獄門同好会」は2021年9月7日にツイッターで「信頼が崩れた結果」だと訴えた。

   アーティストの複雑な心境を伝えたメッセージは、音楽ファンの注目を集めている。

  • 野外フェスティバル「WILD BUNCH FEST. 2021」が中止に(イベント公式サイトより)
    野外フェスティバル「WILD BUNCH FEST. 2021」が中止に(イベント公式サイトより)
  • 野外フェスティバル「WILD BUNCH FEST. 2021」が中止に(イベント公式サイトより)

「業界外からの『信頼』も得ないと行動できません」

   打首獄門同好会も出演を予定していた野外フェスティバル「WILD BUNCH FEST. 2021」が中止となった。9月18日から20日の間、山口きらら博記念公園(山口市)で開催予定だった。

   イベントを主催する夢番地(岡山市)は、開催地の山口県において「感染状況ステージ4」の状況が続いている中で、地元行政からの自粛要請もあり、熟慮した結果だと公式サイト上で発表している。

   打首獄門同好会は公式ツイッターでフェスの中止を伝えた後、こう述べる。

「この業界を本当の意味で守るためには『感染防止と経済活動の両立』という困難な課題を避けては通れません。
ただその困難に挑む事には一定のリスクも懸念される以上、業界外からの『信頼』も得ないと行動できません。
その信頼を地道に築いてきたのがこの一年半。
そして信頼が崩れた結果が今です」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中