2021年 9月 23日 (木)

中島健人の「アドリブ涙」に絶賛 「彼女はキレイだった」脚本家も貰い泣きした演技力

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「Sexy Zone」中島健人さんが流した涙に注目が集まっている。2021年9月7日放送のドラマ「彼女はキレイだった」(関西テレビ)第9話のラストシーンだ。

   脚本を務める清水友佳子さんも放送後のツイッターで、「中島さんすごいな。もらい泣きしてしまった」とその演技を絶賛していた。

  • 「彼女はキレイだった」公式サイトより
    「彼女はキレイだった」公式サイトより
  • 「彼女はキレイだった」長谷部宗介のインスタグラムより
    「彼女はキレイだった」長谷部宗介のインスタグラムより
  • 「彼女はキレイだった」公式サイトより
  • 「彼女はキレイだった」長谷部宗介のインスタグラムより

雑誌の廃刊が現実的に...

   同ドラマは、冴えない太っちょ少年からイケメンエリートになった長谷部宗介(中島さん)が、優等生で美少女だったが今や無職の残念女子となった初恋の相手・佐藤愛(小芝風花さん)と16年ぶりに再会。偶然同じファッション誌「ザ・モスト」編集部で働くことになるが、宗介は愛だと気付かず、愛も自分が愛であることを打ち明けられない... という真逆の成長を遂げた2人の「すれ違い」ラブコメディーだ。

※以下、一部ネタバレを含みます

   第9話では、「ザ・モスト」の廃刊を逃れるため、宗介は次号の目玉企画として、メディアにほとんど出ない大人気アーティストの独占インタビューをとってくる。

   連日仕事に奔走する宗介だが、その一方で愛と念願の恋人になれたことへの喜びが爆発。ある休日出勤中、愛を抱きしめながら「存続が決まったら、愛にプロポーズしようと思ってる」と告白し、愛も幸せそうな笑みを浮かべる。

   そんななか、予定していた大物アーティストのインタビュー企画がとん挫。校了日が迫り、宗介は編集部員に向かって企画が取りやめになったこと、そして「自分が書きたい記事を自由に書いてみてくれ」「読者に楽しんでもらうためには、まず作り手が楽しむこと」と企画の変更を告げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中