2021年 10月 23日 (土)

首位阪神が怖いのは巨人よりヤクルトか 「最も爆発力ある」他球団スコアラーも本格警戒

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今季のセ界を制するのは、阪神か巨人か、それとも――。プロ野球セ・リーグの首位争いが白熱している。

   不気味な存在なのが、昨年の最下位から躍進を遂げたヤクルトだ。

  • ヤクルトがセ・リーグの本命か?(画像はイメージ)
    ヤクルトがセ・リーグの本命か?(画像はイメージ)
  • 山田哲人を抱きかかえる村上宗隆(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
    山田哲人を抱きかかえる村上宗隆(写真:長田洋平/アフロスポーツ)
  • ヤクルトがセ・リーグの本命か?(画像はイメージ)
  • 山田哲人を抱きかかえる村上宗隆(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

投手陣「復活」で最下位から躍進

   2021年9月の首位攻防は動きが激しい。

   阪神が巨人に3日からの本拠地・甲子園で2勝1分と勝ち越して首位奪回すると、その後も白星を積み重ねる。一方、巨人はこの3連戦で完全に勢いを失った。

   投打に精彩を欠き、新外国人のハイマネンも起爆剤にならない。中田翔、陽岱鋼が登録抹消され、丸佳浩もスタメンから外れる試合が増えるなど主力が稼働せず、ベンチ内は重苦しい雰囲気が漂う。

   巨人が失速する中、阪神の「対抗馬」として不気味な存在になっているのがヤクルトだ。

   昨年まで2年連続最下位に沈み、シーズン前の下馬評は低かったが、課題の投手陣が奮闘していることで戦い方がガラリと変わった。

   9月17日昼現在でのチーム防御率3.61は昨年の4.61から大きく改善。先発のコマ不足が深刻だったが、高卒2年目の奥川恭伸がブレークし、エース格の働きを見せている。左腕・高橋奎二も6月に1軍昇格すると防御率2.79と安定した投球を続けるなど、若手たちが躍動している。

   昨年まではエースの小川泰弘、ベテランの石川雅規に依存していたが、今年はスアレス、サイスニード、原樹理とコマがそろい、先発枠を巡るハイレベルな競争がチーム全体の底上げにつながっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中