2021年 10月 23日 (土)

ディーン・フジオカが「速攻でフラれて不憫すぎ」 ドラマ「推しの王子様」での不遇ぶりに同情続々

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の比嘉愛未さんが主演するドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系)第10話が、2021年9月16日に放送され、俳優のディーン・フジオカさん演じる「ミッチー」こと光井倫久に同情する声が相次いでいる(※以下ネタバレを含みます)。

  • ドラマ公式サイトより
    ドラマ公式サイトより
  • ドラマ公式サイトより

制作現場から離れ、乙女ゲームへの情熱を失ってしまう泉美

   乙女ゲーム(女性向け恋愛ゲーム)を手掛ける企業の社長である日高泉美(比嘉さん)は、自社で開発した推しキャラ・ケント様に心血を注いでいる「オタク女子」。

   次回作に悩んでいたあるとき、ひょんなことからケント様そっくりな青年・五十嵐航(渡邊圭祐さん)と出会うが、実態は残念なほどケント様と正反対だった。そこで泉美は、航を理想の男に育てることを決心。いわば「逆『マイ・フェア・レディ』」なロマンチックコメディーとなっている。

   第10話では、大企業「ランタン・ホールディングス」の傘下に入り、新しいオフィスでの生活をスタートさせた泉美たち。ランタン社の社長・水嶋(船越英一郎さん)の「スタッフの考えた企画を必ず検討する」という約束通り、早速社内では企画検討会議が行われ、3つのゲームタイトルの制作が決定。スタッフたちは嬉しい悲鳴をあげる。

   一方泉美は、水嶋から「会社の成長を第一に考えるように」と言われたこともあり、ゲームの制作現場を離れ、事業計画書や予算案の作成など事務的な日々を送っていた。そのため、次第に乙女ゲーム自体への情熱も薄れてしまい、ついにある大事なプレゼンで失敗をしてしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中