2021年 10月 21日 (木)

巨人・丸佳浩の不振は「衰え」なのか 後半戦は打率1割4分...「速球に対応できていない」指摘も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   他球団の主力がFAで巨人に移籍して、輝きが消えてしまうケースを幾度も見てきた。この選手も今、その分岐点を迎えようとしている。巨人の丸佳浩だ。

   2021年9月17日昼現在の成績は、打率.247、本塁打16本、打点39。丸佳浩という打者にしては寂しい数字だ。もがき苦しむこの状態は不調なのか、それとも、限界なのか。

  • 丸佳浩(写真:AP/アフロ)
    丸佳浩(写真:AP/アフロ)
  • 丸佳浩(写真:AP/アフロ)

「直球に差し込まれるケースが増えた」

   今季は開幕して間もなく新型コロナウイルス感染で戦線離脱。調子が上がらず6月5日にファーム降格した。

   6月18日に1軍復帰以降は調子を上げて打率を3割近く上げたが、9月から再びスランプに入る。今月は17日昼現在で月間打率.059、1本塁打15三振。スタメンを外れる機会が増え、代打や守備固めで起用されることも。後半戦の打率で見ても.141と苦しい数字だ。

   推定4億5000万円という高額な年俸を考えると、失速しているチーム状況で「戦犯」として指摘されることも少なくない。

   スポーツ紙の記者は丸の状態をこう分析する。

「32歳という年齢を考えるとまだまだ衰えを指摘するのは速いでしょう。ただ昨年から直球に差し込まれるケースが増えたなとは感じました。広島時代は直球に滅法強かったので、ミスショットが多いのはフォームの問題なのか、それとも別の問題なのか...。
今年は好不調が激しく、一回スランプに入るとなかなか抜け出せない。広島時代のように少し打てなくても我慢強く使ってもらえる環境ではない。結果を出したいという焦りでボール球を振る悪循環が続いている感じがします」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中