2021年 10月 20日 (水)

名古屋のみたらし団子は甘くない? 「焦がし醤油」がメジャー説、地元メーカーに聞くと...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   名古屋を中心に、東海地方のみたらし団子は全国とちょっと違う――そんな食文化が2021年9月9日放送の「秘密のケンミンSHOW極」(日本テレビ系)で取り上げられた。

   みたらし団子といえば、米と砂糖で練った団子玉を串刺しにして、砂糖醤油を使った甘いタレが全国区。だが、愛知県を中心にした東海地方では焦げ付きの団子が根強く支持されているというのだ。

  • みたらし団子に違いが?【イメージ】
    みたらし団子に違いが?【イメージ】
  • みたらし団子に違いが?【イメージ】

「焦げてるのが当たり前だと思ってた」

   「秘密のケンミンSHOW極」では、「名古屋のみたらし団子は焦げ焦げ」というトピックで地元民の様子を取材、県内各地の団子店が取り上げられて製法・味付けの違いが放送された。

   番組によれば、愛知県一帯で食べられているみたらし団子は、コンビニなどで流通するみたらし団子と比べると玉が小さく、5玉を串刺しにする。砂糖を使わずにたまり醤油を使ったタレを使い、焦がせて焼くためにあっさりとした口当たりで、タレの粘り気があまりない。全国で一般的なみたらし団子に比べると甘味を抑えてあり、焦げた醤油の味がアクセントになっている。

   スタジオでVTR映像を見ていた愛知県出身のマヂカルラブリー・村上さんは「あのスタイルしか知らない」と驚く。東海流のみたらし団子に慣れている視聴者からもツイッターで、

「焦げてるのが当たり前だと思っていたら東海圏の文化だったのか」
「関東で頂くみたらし団子は何か物足りないと思っていたらどうやら焦げがなかったかららしい」
といった感想が出ていた。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中