2021年 10月 17日 (日)

ファイザーワクチンが「一旦終了予定」 大阪市が医療機関に告知...「国から供給見込みの通知ない」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米ファイザー社製の新型コロナウイルスワクチンについて、大阪市が2021年10月上旬で「一旦終了」すると医療機関にあてた通知文がツイッターに投稿され、関心を集めている。

   もしそうだとすれば、9月中にも接種すべきなのだろうか。ワクチンの状況について、市や厚労省に話を聞いた。

  • ワクチン終了の意味は?(写真はイメージ)
    ワクチン終了の意味は?(写真はイメージ)
  • ワクチン終了の意味は?(写真はイメージ)

「安定供給だと思い込んで、どんどん接種の予約を入れると困ることになる」

   「ファイザー社製ワクチンの供給終了について」。こう題した9月17日付通知文は、医療関係者とみられる複数のツイッターユーザーが20日ごろにその写真をアップした。

   大阪市新型コロナウイルスワクチン接種推進監から医療機関の長あてになっており、通知文では、国からのワクチン供給について、「接種対象人口の8割が2回目接種に必要な量の配送が完了することから10月上旬を以て一旦終了となる予定です」と告知している。

   留意点として、ワクチンの配送は10月で終了し、国からの追加供給がない限り、11月以降の配送はないとして、10月の上限数の範囲内で2回目接種分を確保するよう呼びかけた。また、10月配送のワクチンの消費期限は12月末だとして、計画的な発注を求めた。国から追加供給があったときは、別途お知らせするともしている。

   写真投稿者の1人は、9月中に1回目の接種を受けるべきとの意味なのではないかと推測した。ワクチンの予約が段々と難しくなって10月には接種できる医療機関が減り、自治体によっては早く終了するところが出てきそうだとも指摘した。

   個別接種で多く使われているファイザー社製ワクチンが、もうすぐ打てなくなるというのは、本当なのだろうか。

   通知文について、大阪市保健所の感染症対策課は9月21日、J-CASTニュースの取材に次のように説明した。

「10月の最終週までワクチン供給がありますが、11月以降の配送について、国から供給見込みが通知されていません。各医療機関が安定供給だと思い込んで、どんどん接種の予約を入れると困ることになります。医療機関に迷惑がかからないようにと、通知文を出しました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中