2021年 12月 1日 (水)

船底にしがみつく猫、発見した乗務員が... 海上での「救出作戦」に反響→本人に一部始終を聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「今から救出作業にはいる」――。停泊中の船に潜り込んだ猫を見つけた航海士の行動が、ツイッターで称賛を集めている。海に飛び込んで、陸に戻れなくなった猫を助けにいったというのだ。

   J-CASTニュースは2021年9月22日、この航海士に救出作戦の一部始終を取材した。

  • 救助された猫(航海士提供)
    救助された猫(航海士提供)
  • 救助された猫(航海士提供)

万全な対策を行ったうえで救助

   猫を発見したのは20日の昼過ぎのこと。船から買い物に出ていた航海士が戻ると、船底の舵(ラダー)にロープか何かが引っ掛かっているように見えた。近づいて確認すると、舵の部分に猫がしがみついていた。

   陸までは距離があり、自力では戻れない様子だった。そのため、海上保安庁や消防に電話で相談したが、対応できないとの返答を受けたため、航海士は自ら猫を救出することを決意する。

   猫が潜り込んだのは、航海士が勤める会社の船。社長の許可を得たうえで、救出作業に取り掛かった。

   猫を運ぶため、船にあった買い物かごを用意した。自身の安全対策として、救命浮輪や救命胴衣、ロープなどを準備。まだ9月とはいえ、水中での体温調節にも気を使った。さらには乗組員3人に立ち会ってもらうなど、入念な対策を行ったうえで、海に飛び込んだ。

   海を泳いで猫の元へ向かった航海士。陸側から下ろしていた買い物かごに猫を避難させ、それを上にいた乗務員に引き上げてもらうことで、無事に猫を救助することができた。

   猫はおびえていたのか、陸に上がるなり一目散に逃げて行ってしまったが、航海士は

「猫ちゃん無事で何より」

と安堵した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中