2021年 10月 17日 (日)

TSUTAYA、「裸体に霧吹き」企画を謝罪 雑誌から着想も「不快な思いをさせてしまった」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京・渋谷の書店「SHIBUYA TSUTAYA」が2021年9月23日、書籍売場での企画に「不適切な表現」があったとして謝罪した。

   この企画は9月22日発売の雑誌「Tarzan」(マガジンハウス)最新号にちなんで、表紙を飾った男性アイドルの写真に"霧吹き体験"ができるというものだった。

  • SHIBUYA TSUTAYA(2017年)写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ
    SHIBUYA TSUTAYA(2017年)写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ
  • Tarzan表紙と同じ写真を企画に使った(SHIBUYA TSUTAYAのツイッター投稿より)
    Tarzan表紙と同じ写真を企画に使った(SHIBUYA TSUTAYAのツイッター投稿より)
  • SHIBUYA TSUTAYA(2017年)写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ
  • Tarzan表紙と同じ写真を企画に使った(SHIBUYA TSUTAYAのツイッター投稿より)

「目黒さんの美しい筋肉を・・・」

   9月22日発売のTarzanでは、アイドルグループ「Snow Man」の目黒蓮さんが表紙で上半身裸姿になっている。SHIBUYA TSUTAYAでは、専用のコーナーを設けて大々的に売り出し、販売促進として霧吹きを用意した。

   同店のツイッターによれば、表紙の写真のパネルを書棚に載せ、客がビニールシート越しに霧吹きで水をかけられるようにしていた。「汗すらも美しい #目黒蓮 さん...それを体感していただけるように、霧吹きを用意してみました」と趣旨を説明し、「目黒さんの美しい筋肉をぜひ拝んで見てください」とツイートで呼びかけていた。

   Tarzanは即日完売となり、企画は22日で終わったというが、店は翌日夜に「当店6Fの書籍売場の展開におきまして、不適切な表現がございました」とツイッターで謝罪した。

   添付された画像には

「今回、特集ページが8月の猛暑日、10書目ものメニューに取り組んだ後に撮影されたことからヒントを得て、"汗、筋トレ、美"をテーマに売場で体現できる展開を企画致しました。性的な表現を意図したものではございませんが、安易な演出方法および告知文面において性的な表現と受け止められる要素があり、不快な思いをさせてしまったこと、重ねてお詫び申し上げます。同様なことが発生しないよう、表現方法に十分に注意し、チェック機能の強化を行い、お客様の楽しんで頂ける展開を目指してまいります」

   と書かれている。

   9月24日のJ-CASTニュースの取材に対し、SHIBUYA TSUTAYAは当該の謝罪がTarzanのイベントに関わるものだったと認めた。

   今後については、もともと初回入荷分の完売とともに終了予定だったとしてTarzanの再入荷後もイベントは行わないと話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中