2021年 10月 28日 (木)

出身校でみる自民総裁選 岸田首相なら「悲願達成」...開成OBが期待するワケ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   次の首相の出身校はどこになるのか――自民党総裁選(2021年9月29日投開票)の隠れたテーマのひとつだ。仮に岸田文雄前政調会長が首相になれば、野田佳彦氏(11~12年在任)以来の早稲田大学出身の首相だ。

   出身高校も重要で、とりわけ注目されているのが、岸田氏が卒業した開成高校だ。21年には144人の東大合格者を出し、1982年から40年連続で全国最多を続けていることで知られている。OBには初代財務事務次官の武藤敏郎氏ら多くの官僚がいるが、国会議員は意外に少なく、首相経験者は前身の「共立学校」出身の岡田啓介氏(1934~36年在任)のみだ。それだけに、「初の開成出身首相」への期待がかかっているわけだ。

  • 混戦模様の自民党総裁選。各候補の出身校も関心事だ。左から河野太郎行政改革相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
    混戦模様の自民党総裁選。各候補の出身校も関心事だ。左から河野太郎行政改革相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)
  • 混戦模様の自民党総裁選。各候補の出身校も関心事だ。左から河野太郎行政改革相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

麻布、武蔵には首相経験者がいるのに

   「男子御三家」として知られる「開成、麻布、武蔵」のうち、麻布の首相経験者には橋本龍太郎氏(96~98年在任)、福田康夫氏(07~08年在任)の2人、武蔵には旧制高校時代に宮澤喜一氏(91~93年在任)がいる。開成だけ首相の座から遠ざかっていることになり、関係者の関心事でもあるようだ。

   17年9月には、開成OBの国会議員や官僚らでつくる同窓会「永霞会」(えいかかい)が発足し、岸田氏が会長に就任。当時は、

「表向きは『開成魂』の再確認だが、『岸田首相』に向け霞が関を巻き込んだ応援団の色合いがにじむ」(17年9月15日、産経新聞)

ともささやかれた。混戦模様の総裁選で、「応援団」の期待も高まっているようだ。21年9月9日にJ-CASTニュースが岸田氏の事務所を取材に訪れた際、岸田氏の開成時代の同級生が激励に来ていた。この件とは別に、岸田氏は9日に

「母校である開成高校硬式野球部の保護者有志一同の皆さまから、応援のお手紙とタオルを頂戴しました」

とツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中